2005年06月15日

必見 日韓議員が竹島について論戦

img_490438_4747261_0

韓日議員「 過去史・独島」めぐり放送討論

韓国と日本の国会議員らが韓日関係をめぐる問題をテーマに放送討論を行う。 MBC(文化放送)とフジテレビは14日午後8時、 両社のスタジオを画像でつなぎ、韓日友情年特集大討論「過去を越えて」を進行する。

この日の討論は、両国国会議員の間で初めて行われる放送討論であり、神社参拝や独島(ドクト、日本名・竹島) 問題など韓日間の懸案を扱うという点で関心を集めている。

韓国からは金富謙(キム・ブギョム)ウリ党議員、朴振(パク・ジン)ハンナラ党議員、李承姫(イ・スンヒ)新千年民主党議員、魯会燦(ノ・ ヒチャン)民主労働党議員が、日本からは河野太郎自民党議員、舛添要一自民党議員、前原誠司民主党議員、 山本一太自民党議員が出演する予定だ。

討論は、靖国神社問題、過去の歴史・教科書・独島など歴史認識問題、北朝鮮核など南北問題、韓日協力の4部に分けられ、 同時通訳を通した直接ディベート方式で75分間行われる。

MBCはこれを16日午後11時5分開始の「100分討論」で、
フジテレビは19日午前7時30分開始の「報道2001」で放送する予定だ。

 

楽しみですね^^

posted by もにいちゅん at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。