2005年06月28日

言論弾圧国家=中国=

中国、日本人学校の教材差し押さえを「条例違反」と説明
 【北京=桃井裕理】中国外務省の劉建超副報道局長は28日の定例記者会見で、中国大連市の日本人学校小中学部が日本から取り寄せた歴史などの副教材計128冊が税関当局から差し押さえを受けた問題について、「15冊の歴史教科書の中で中国大陸と台湾が別の色に塗られていた」と指摘。中国の出版管理条例などに違反したと説明した。

 副報道局長によると、4月12日に日本から空輸された1539冊の教材のうち、税関当局が128冊を一時的に押収。そのうち条例違反などとされた15冊の歴史教科書は日本に送り返されたという。

 中国の「出版管理条例」や税関における「印刷物や音楽、映像製品の輸出入管理規定」では、中国のルールに違反する物品は国内への持ち込みや流通が禁じられている。副報道局長は「『1つの中国』の原則は中国の主権や中国人民の感情に関する重大な問題」と強調したうえで、「中国税関の処置は完全に法律に依拠したものだ」と述べた。 (21:01)


別に、差し押さえられたことが問題なのではありません
このような言論弾圧が、情報操作が問題なのです
日本国内に韓国教科書を取り寄せるときに、竹島の色が韓国の色だからダメ、とはなりません
さすが言論弾圧いや、封鎖国家
posted by もにいちゅん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

大連税関 日本人学校教材を没収
Excerpt: 大連の日本人学校が取り寄せた副教材が「違法図書」として大連税関に差し押さえられ、始末書の提出と罰金、さらに一部教材の没収という措置をとられたことが判明しました。 産経新聞「中国・大連 日本人学校..
Weblog: 社長の本音日記
Tracked: 2005-06-29 08:17

チャイナ・リスク〜教科書問題≠ノ見る反日ファシズムの連鎖
Excerpt: 「税関」「本」「没収」・・・・よもや教科書が有害図書≠ノなろうとは予想だにつきませんでしたね。これぞまさに教科書問題≠ナあり、異なる見解や価値観の存在さえ容認できないというのなら、もはやファシズム..
Weblog: 私の「認識台湾」
Tracked: 2005-06-30 11:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。